Win版操作マニュアル

仮想ドライブでのファイル操作
ファイルのコピー、移動、削除
仮想ドライブはローカルドライブと同じようにすべてのファイル操作(コピー、移動、削除)をサポートしています。ファイル操作後、即時にサーバに反映されます。
また、アプリケーションによる直接仮想ドライブの利用にも可能です。
留意事項
ファイルサイズは仮想ドライブの制限容量を超える場合、操作エラーになりますので、ご注意ください。
仮想ドライブの制限サイズについて、[利用制限]をご参照ください。
制限容量制限を超える利用の場合、情報基盤センターにご相談ください。

Go to top

仮想ドライブによるWEB公開
  1. 公開したいファイル/フォルダを選択して右クリックメニューの[WEB公開設定(W)]をクリックしてください 公開したいファイル/フォルダを選択して右クリックメニューの[WEB公開設定(W)]をクリック
  2. 公開期限を設定して[OK]ボタンをクリックしてください。 公開期限を設定して[OK]ボタンをクリック

    注:公開期限の設定は必須です。必要があれば、ダウンロード回数制限と公開パスワードの設定が可能です。

    パスワード自動生成する場合、設定画面を閉じた後、生成されたパスワードの参照ができないため生成後の公開パスワードをメモしておいてください。

  3. [クリップボードにコピー]ボタンを押して公開アドレスをコピーしてください。 [クリップボードにコピー]ボタンを押して公開アドレスをコピー

    クリップボードにコピーした公開アドレスをメールなどに改行なしで貼り付けて相手に送ってください。

    ここまでWEB公開が完了しました。

    渡し先はファイルの受け取る方法はファイル渡しの[受取方法]をご参照ください。

    WEB公開済みのファイル或いはフォルダは公開マーク が表示されます。

    WEB公開済みのファイル或いはフォルダは公開マーク が表示されます

公開中のファイルの公開アドレスを参照したい場合
右クリックメニューの[プロパティ(R)]をクリックしてください。 右クリックメニューの[プロパティ(R)]をクリック
[Proself]タブ画面の公開アドレスをコピーしてご利用ください。  [Proself]タブ画面の公開アドレスをコピー
WEB公開を停止したい場合
右クリックメニューの[Web公開停止(S)]をクリックしてください。 右クリックメニューの[Web公開停止(S)]をクリック

Go to top

仮想ドライブによる受取フォルダ設定
  1. フォルダの右クリックメニューの[受取フォルダ設定(D)]をクリックしてください。 フォルダの右クリックメニューの[受取フォルダ設定(D)]をクリック
  2. 公開期限を設定して[OK]をクリックしてください。 公開期限を設定して[OK]をクリック
  3. 注:公開期限の設定は必須です。必要があれば、ダウンロード回数制限と公開パスワードの設定が可能です。

    パスワード自動生成する場合、設定画面を閉じた後、生成されたパスワードの参照ができないため生成後の公開パスワードをメモしておいてください。

  4. [クリップボードにコピー]ボタンを押して受取アドレスをコピーしてください。 [クリップボードにコピー]ボタンを押して受取アドレスをコピー

クリップボードにコピーした受取アドレスをメールなどに改行なしで貼り付けて相手に送ってください。

ここまで受取フォルダの設定が完了しました

送り元はファイルのアップロード方法はファイル受取の[ファイルアップロード]をご参照ください。

WEB公開済み受取フォルダは公開マーク が表示されます。

ここまで受取フォルダの設定が完了しました

公開中の受取フォルダの公開アドレスを参照したい場合
右クリックメニューの[プロパティ(R)]をクリックしてください。 右クリックメニューの[プロパティ(R)]をクリック

[Proself]タブ画面の公開アドレスをコピーしてご利用ください。
[Proself]タブ画面の公開アドレスをコピーしてご利用ください
受取フォルダを公開停止したい場合
右クリックメニューの[受取フォルダ停止(T)]をクリックしてください。 右クリックメニューの[受取フォルダ停止(T)]をクリック

Go to top